日々の皿

2016年5月2日(月)  くもり

c0367403_06020893.jpg

加賀太胡瓜






すこん、と熱が下がっていた。

きのうヒレカツ丼を食べた後眠って、それはそれはふかーい

眠りで、ときどき自分のイビキでうっすら意識がもどるもの

のすぐに眠りに引きずり込まれてムになった。

ほんとーによく寝た。

目が覚めたらほぼ深夜に近かったけれど、それに減量中の身

でもあるけれど、ごはんを作って食べた。

「飯はいいよ」と言ってくれたけれど、作らなかったらきっ

と「すまなかったねえ」といつまでもぐずぐずぐずぐず後悔

するので。

今日は加賀太胡瓜を買ってきた。

包丁を入れると青臭さが立ち上って、懐かしい夏の匂いだ。

それからタケノコも買った。

この間のがとってもおいしかったから、もう一度食べたくな

って。けれどいつもいつも贅沢はできないから今日は京都以

外の筍を手にするぞと意を固めて行ったのに会長に、やっぱ

り京都のがいいですよ。違いますよ。箱でどうですか。と、口

の横に手でつい立てを作って誰にも聞こえないような小さな

声で、連休に入るから安くしておきますよ「○○○○円で」

と1000円も負けてくれたので、今日も言う事を聞いて京

都にした。

ほかにもかさばるものを買って両腕が伸びるだけ伸びるくら

い重い荷物を持ってハァハァしながら帰ってきたのに、夕べ

眠ったせいか体がすいすい動いて気持ちよかった。

生き返った。


今夜はラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの前夜祭に参加

することを楽しみにしていたけれど、夜風は体に響きそうだ

から、用心して出かけないことにする。残念だけど。


体重 -500g



----昼食----

c0367403_06222436.jpg

c0367403_06302075.jpg


○あさりのにゅうめん 

 山椒の木の芽をたっぷり

 そろそろ、木の芽も終わり。


















たけのこと。鶏むね肉のスープ。

胸肉に粗塩をたっぷりすりこんで30分ほどおき、

沸騰した湯に入れ蓋をしてすぐに火を止め、冷めるまでおきます。

澄んだスープが取れて鶏肉もやわらかくておいしいです。

鶏肉(大きめ)2枚に対して、水は1.5リットルペットボトル1本分です。


c0367403_13135209.jpgc0367403_13135747.jpg




























----夕食----

○加賀太胡瓜と棒棒鶏 胡瓜は塩、純米酢、ごま油で。

c0367403_13140048.jpg

○タケノコと干しえびの中華炒め。


c0367403_13140322.jpg

○タケノコの皮の炊き込み御飯

○イサキのあら汁

c0367403_06302319.jpg






by hibinosara | 2016-05-09 08:38 | Comments(0)