日々の皿

2017年2月26日(月)  晴れ  14/3℃

c0367403_02173720.jpg




山椒の芽が吹いた。

二本あるうちの、Kさんの山から来た小さな方。

まあるい芽吹きと、ちいさくひらいた葉っぱ。

食べ忘れていたゆり根も芽を出していたから土におろした。

最後と思っていたけれど、りんごのジャムをまた作る。

シナノゴールドと紅玉を半々、石鍋に入れて150℃4時

間。


カツオ菜。

佐賀物産展。

丈は50センチくらいで、葉はおおげさに描写された雲の

ようにもくもくしている。

はじめて見る野菜があると、質問したくなる。どんな味?

オレンジ色のハッピをはおったのはたぶん県の人で「どん

な味っていわれてもなー。正月の時に雑煮に入ってて、そ

んなもんだと思って食べてるわかんないな」と首をかしげ

ている。形状を見て高菜とか、からし菜に似ていますねと

言うと、ほっとしたような顔になって「そうそうそうそう

そんな味!」と笑った。

カツオ菜の名のいわれは、カツオみたいな味がするという

説と、カツオ節がいらないほど風味に富むという説がある

みたいだ。

生で食べてみると、舌がびりびりして顔が熱くなるほど辛

い。そのせいでわからなかったのかもしれないけれどカツ

オの味はしなかった。

さっとゆがいてお浸しにすると、辛味はほんのりしたもの

になり、肉厚の葉は食べ応えがあり、苦味と甘みがある。

かつお節がいらないほどかどうかはわからないれど、

ブラナ科特有の深みのある味だ。

お漬物にしてもいいと思う。あっさりしたキムチなんてい

いんじゃないかなあ。


ブルベリーソースのヨーグルト

ドイツパン

c0367403_09033223.jpg


ポークチャップやポークチキンライスや生姜焼きが頭のなかを

ぐるぐるしてその優柔不断が苦しかったけれど、ケチャップ味

がずっと舌から離れず、ナポリタンに着地。

トマトソースとケチャップを使って、麺はタリアッテッレ。

具はジャガイモ、ニンジン、豚肉。

おいしかったー。ブラックペッパーもバタもたっぷり。


c0367403_06270225.jpg


c0367403_06265126.jpg

・カツオ菜のおひたし

・卵とニラのクミン風味

・若布酢

・レトルトカレー

テレビでちょうど、カツカレーの映像が流れて、どうしても、どうしても、

カレーが食べたくて、でも、すぐになんでも手に入るなんてことはいけな

いと否定しつつ、結局欲望に抗えずコンビニに走る(私は今、足を痛めて

いるので、髭の人が走ってくれた)。


c0367403_06265588.jpg

by hibinosara | 2017-03-08 08:32 | Comments(0)