日々の皿

2017年3月5日(日)  晴れのちくもり  16/5℃

c0367403_08441532.jpg

骨つきもも肉





朝、なんにもしたくない病だった。

たぶん、ちょっとお酒が体に残ってたんだと思う、最近飲

まなくなったから。

数えてみると、夕べは三週間ぶりのお酒。

数えて、自分でもびっくりする。

お酒を飲まないと痩せると聞くけれど、私には関係ないこ

とのよう。

体がだるくて、工夫とか考えるとかそういうことができな

いなんにもしたくない病は、オーブンプレートにパンを並

べ、パンに輪切りにした新玉ねぎを並べ、チェダーチーズ

を山盛り盛って焼いただけの日曜日の昼ごはんを作る。

お皿にも盛り付けず、オーブンプレートに散らばったチー

ズのカリカリがおいしそう、ということを理由にここでも

また手を抜く。おいしかったけど。

食べ終わって、ぼーっとしてしていると呼び鈴が鳴る。

荷物を抱えて戻ってきたたくやさんが「あ」と言って私

横に箱を置く。

愛ちゃんたちから。

開けるうちに、新しい水が体に満ちるように覚醒した。

お手紙に、待望の画集、おかあさまからのお土産、たくや

んへお誕生日のプレゼント。

あたたかさと、凛とした空気がそのものたちの周りに漂っ

ている。

ひとつひとつ、大切に開けて、さいごにもったいないよう

な気持ちで画集を開く。


本を閉じた時、長い旅から戻ってきたようだった、海深

潜って息継ぎをするために海面に出てきたようでもあった。

愛ちゃんの画集のなかにいるうちに、すこしずつ思い出

ように、はやらなければならないことがまだまだある、

ちゃんときなければ、と胸に思う。


忠田愛 画集 2006-2016



c0367403_09063100.jpg







・新玉ねぎのチーズトースト

 パンに輪切りにした新たまねぎをのせ、チェダーチーズを山とかけ

 オーブンで焼く。何も手を加えてないのにおいしかったのは、甘い

 新たまねぎのおかげだと思う。

・カキフライ   夕べの

・そら豆 

・蒸し芽キャベツ

c0367403_09513030.jpg

・水炊き

 骨つきもも肉と白菜だけなのに素晴らしくおいしい。

 白菜はとろんとして、鶏肉は骨から外れるほどほろほろして。

 味付けは塩。コクをだすために、にんにくを丸ごと1~2片。

 水と酒で40分くらい煮る半ばに塩を入れると、角もとれて

 おいしくなるような気がします。

・若芽酢

・さいごは、硬めに茹でたラーメンをスープに入れて、すこし煮含めて、

 薄く、薄く小口切にした長ネギの白いところを散らして。



c0367403_09063154.jpg

by hibinosara | 2017-03-15 08:36 | Comments(0)