日々の皿

2017年3月10日(金)  晴れ  15/3℃

c0367403_00102413.jpg

テーブルビート






きらり、きらり。

ビルとビルの細い隙間からあらわれる朝の光がまぶしい。

ずいぶん太陽の昇ってくる位置が移動した。

日の出はもう見られず、今はたぶん高層ビルの裏手あたり

から昇っているんだと思う。

大好きな冬の光の季節は終わって、今は冬とも春ともつか

ぬ特徴のうすい光。

肉やに行く前にポストをたしかめる。

あった。Dさんからのハガキ。

ダウンジャケットの内ポケットに入れ、胸に手をあてて出

かける。

コーヒーを作るという文字並びをはじめて見たのは、村上

春樹さんの何かの本で、コーヒーはいつも「いれる」とい

う言葉を使っていたから、その言葉を当てていることを

思議に思っていた。

つぎにそれを見たのは村上春樹さんもかよっていたDさん

山の珈琲店が立ち退かなければならなくなり、店を閉

めるときに出版したご著書だった。

そして三度目は内ポケットに入れたお葉書で。

「コーヒー作ります」

ボールペンで書かれた文字の核心に、明確に確かに珈琲を

作るという意思感じて、胸が熱くなった。


・夕べのささみカツ、肉やのメンチカツとポテトコロッケ

・ビートのサラダ

 甘い塩、オリーブオイル

 ビートは未知の野菜。これで二度目。前回は赤色ビート。

 最初は甘く、ここちよくかみしめるうちに、土臭さが現れる。

 それでも赤いビートよりは少ない。

 その味わいはほうれん草の赤い部分に似ている。

 形は蕪に似ているが、アブラナ科ではなくアカザ科。

 ほうれん草はアカザ亜科、スイスチャードと同じアカザ科フダンソウ属。

 油を使って、じっくり火を通した方がよいのかも。

 もうすこし知りたい野菜。

・夕べの茶碗蒸し

・すこし残っていたにんじんご飯


c0367403_00583812.jpg

肉やのコロッケには、肉やの揚げ油の匂いがしてなつかしい。

とくべつにおいしいというわけではないけれど、肩の力のぬけ

たよい味で、なにより、あのご夫婦姿が浮かぶと、愛おしい

ようなあたたかいような気持ちになる。


c0367403_00225152.jpg

・タンメン

・餃子


c0367403_00595796.jpg


by hibinosara | 2017-03-20 18:30 | Comments(0)