日々の皿

2017年4月4日(火)  晴れ  17/5℃

c0367403_07351523.jpg

人参葉

根がうっすらと人参色になりかかっているのが可愛いらしくて。







外に出るとぽかぽかしていた。

とたんに胸のあたりがひろびろとして「らん♪」といった。

お昼に向かうサラリーマンの人たちの顔つきもやわらかくほ

ほえんでいる。

メジちゃんはほんのちょっとミカンを食べに来てウンチをす

る間もなく飛んで行ったけれど、その気持ちがわかるような

気がした。ほんとうの春がやって来てひとところなんかにじ

っとしていられないのだ。


お土産の鮭を買ってしまったら何もすることがなくて、市場

をふらふらした。

今日は額に汗がにじむほど暑い。ダウンベストをバックにつ

っこんでゆっくり歩いていると、ふだん目をかすめるだけの

ものに引き寄せられて、試食を勧める人に言われるまま巨大

な海老煎餅、イカの燻製、ホタテの刺身なんかの味見をする。

海鮮くさい口のまま出口に向かうと「バリバリバリ」と大き

く耳に響いてきた音があって、驚いてその方向を見るときれ

いな女の人が顔より大きい巨大海老煎餅にかじりついていた。

思わずみとれ、自動扉の開かない側のガラスに突っ込んでし

こたま頭を打つ。

新装開店の乾物屋にもふらふらと入り、いりこ、干し芋、干

した果実なんかも口に入れる。


下町のおいしい中華屋さんで、流した汗のぶんコクコクとビ

ールを飲む。

きょうはちちゃんとお山の方まで桜狩りにゆくのだ。

お寺の多い町をゆきながら、とちゅう、塩やオリーブオイル

やパンやらを売っているいい匂いのする店に寄り道をしたり、

ちちゃんの好きなお寺の境内に桜を見上げに入ったり、塀の

向こうの花びらを満開にした桜に声をあげたりした。

お山の方は人でいっぱいになっているのを知っているので、

霞んだ桜色の空だけを見て、ぐるりと戻ってきた。

「くすぐったいね」「鼻のなかがもやもやするね」と春らし

い空気のなかをゆっくりと歩く。


下町の中華屋さんで

黒酢酢豚とエビチリと杏仁豆腐とマンゴープリンとビール

ごちそうさまでした。


たくやさんは

築地のイタリアンパラディソでランチをしたんだそう。

気になっているお店。ふうむ。そのうち一人で行ってみよ。



・レバ煮 新ショウガと

 桜狩りをしている途中でみつけた鶏肉屋さんのレバ

・人参葉のサラダ

 酢、ごま油、醤油、いりゴマ

・そら豆 さん粒

・新玉ねぎのスウプ

・新ジャガと鶏肉の炊き込み御飯 きのうの

c0367403_15265835.jpg

by hibinosara | 2017-04-11 11:08 | Comments(0)