日々の皿

2017年4月6日(木)  晴れ  21/13℃

c0367403_06595214.jpg
c0367403_06595246.jpgc0367403_06595223.jpg

















c0367403_06595364.jpgc0367403_06595204.jpgc0367403_06595384.jpg

















左上から レモン、イタリアンパセリ、ローズマリー

     山椒、セージ、ローズゼラニウム





川向こうの桜が雲みたいにふわふわした花のかたまりをいく

つもいくつも木につけて風にゆれている。

ベランダも花の季節がはじまった。

パセリはとうを伸ばした先に蕾を持ち、冬の間弱っていたセ

ージにもたくさんの蕾。今年はレモンに固い蕾がぴっちり並

んでいるから、もしかすると収穫できる樹齢に達したのかも。

そしてこの間板さんが探していた山椒のちいさな線香花火の

ような花も咲き始めた。

c0367403_07262391.jpg

柳もいっきに芽を吹きはじめる


今日はお弁当をもって桜の下でお昼にする。

そういえば去年のお花見は寒かったー。夜の宴の席取りをし

ている人なんて灰色の毛布を頭からかぶって体に巻きつけて、

後ろからみると大仏みたいにかたまっていたし、わたしたち

もサンドイッチを食べながら震え、ろくに花も見ずにすぐ立

った。あの日は風も強かった。


わりと空いていた。

おじいさんたちが円をつくっているグループ、男女混合学生グ

ループ、カップルが何組か、それから一人で来てごろんと横に

なっている人も何人か。

みーんな気持ちよさそうだった。

わたしたちばまず、大きな桜の木の枝にぴっちりと花を咲かせ

ている下でお弁当を食べた。

つぎに、寄りかかれる桜の木をさがして場所を移した。

たくやさんは寄り掛かって読書。わたしはごろんと寝転がって

桜を見上げた。

メジロのつがいが桜の花の間に見え隠れしている。

密を吸っているのだな。

たぶんもうメジちゃんは来ない。

新鮮でおいしい密がこんなにたくさんあるんだもの。

カラスが何かない?という顔で寄ってきた。

かしこそうな目。正面から見るカラスはとっても可愛い。

いりこを投げてやると、片足で器用に半分に折って口に運ぶ。

たくさん投げてやると、口いっぱいにして遠くの桜まで飛ん

で行き、幹と幹の間に留まり丸い背中をした。

あれはきっと穴にでもいりこを隠しているにちがいない。

帰りがけ、もうすこし桜が見たくて水辺のある公園を散歩す

る。

ごおごおと強い風。

芝生に座っている人たちは風や渦巻く木の葉や土埃から花見

の席を必死に守っていた。




花見弁当

ほうれん草胡麻和え、ゆでたまご、ドラゴンレッドのポテトサラダ

ケチャップライスと鶏もも肉ハニーマスタードソース

あるものでなんとか作る。

鶏もも肉はさいきんお気に入りのブラックソルトで下味をつけてから

、カリッと焼いた皮目一面にハニーマスタードソースを塗り、冷まし

てから切り分ける。



c0367403_07225334.jpg

お蕎麦屋さんですませる。



by hibinosara | 2017-04-13 08:28 | Comments(0)