日々の皿

2017年4月7日(金)    晴れ  22/15℃

c0367403_09271348.jpg







いちにち篭る。

ときどきパソコンから離れて台所にゆく。

冷蔵庫はがらんとしている。

昼のために切り干し大根とあらめを水にもどし、凍って

るめかぶを袋ごと水で溶かし、塩辛い鮭を細かくする。


とおくに聞こえる鳥の声に耳をすます。

メジロのミカンのブランコがゆらぐたびに胸がとくんとする。

カンはただ風に揺れてる。

背伸びをして窓の中を覗き込んでいるスズメに古いもち米

すこしまいてやる。


高層ビルの窓にギラリと反射した太陽が、反射している西の

に沈んでゆく。

機材室の片隅の貯蔵棚から缶詰を見つける。

いつかもらったSAVA缶。

トマトがひとつある。

これで一品。

長野野菜の露店で買ったニラが、新聞紙に包まれて冷蔵庫

ドアに立っている。

玉子はきのう花見弁当に使ってひとつもない。けれど塩豚

熟成たのがある

これで二品。

あとは淡路の新玉ねぎでほたほたスープをほたほたとつくる。

これで三品。


簡単な夕飯を終わらせて、ぼんやりと明日の献立を考えた。

まぶたに桜鯛が浮かんでくる。




・めかぶ、納豆、ながいもとろろ

・切り干し大根と油揚げの炊いたの

・あらめの煮物

・鮭、青海苔、ゴマのふりかけ

・梅干し

・お味噌汁 ふのりと長ネギ

・白いご飯

c0367403_07465046.jpg

ふつうの三分の二くらいの丈のニラ。

すこし肉厚。甘く、やわらかい。

旬のニラはよく香る。


c0367403_07465128.jpg

・塩豚とニラの炒め物

・SAVA缶とトマトの炒め物

・玉ねぎのほたほた煮

・新じゃがと鶏肉の炊き込みご飯


c0367403_07465138.jpg

by hibinosara | 2017-04-14 09:11 | Comments(0)