日々の皿

2017年6月8日(木)  雨のちくもり  25/19℃

c0367403_08474558.jpg




水の流れる音で夜中に何度でも目が覚めた。

滝や川の夢からさめると、極細く出した水をさらしをつたわ

せて、ボールに受けた煮た梅の灰汁を抜いている音が聞こえ

てくる。

ずいぶん気をつけたつもりなのに、いくつか梅の皮が破けた。

水とざら目で煮て、梅の芯まで味が入ればいただけるそう。

涼しげなゼリーをつくってみたい。


有給をとったN美ちゃんと市場の見学。築地の食堂に勤めて

いるから毎日市場にいても売り場には行ったことがないんだ

そう。鳥藤で腹ごしらえをして、青果部と水産部を見て歩く。

魚屋さんにお金を借りたままになっていたから払いに行く。

女将さんはまだ調子がよくないよう。一人しか入れない帳場

にずっと座っている仕事、大変だと思う。


・カレンズと月のチーズ

・カフェオレ

髭の人のごはん 私は市場の鳥藤で塩親子丼

c0367403_08525069.jpg

・赤ナスとししとうの即席カレー

・胡瓜のピクルスとらっきょう漬け

即席カレーは、特大の玉ねぎ一個をとろみが出るまで蒸し炒め、

湯むきをして種を取ったトマト1つとローリエ1枚を加えて火

を通す。叩いた豚バラ肉(塊しかなかったので)を加え、各種

スパイスを加えさらに火を通す。

別の鍋でナスをじっくり焼く。

肉に火が通ればししとうを加える。

ナスに梅酢と醤油、梅酒で味を付け、玉ねぎの鍋に移しざっ

くりと混ぜ合わせる。仕上げにピンクペッパーを振って。

あっさりしたカレー、おいしかった。

c0367403_08525062.jpg

デザートはいちごとマスカルポーネのアイスクリーム

もうアイスクリームは暑ぐるしく感じる季節になりました。


c0367403_08525008.jpg

・赤ナスの炒め物

 今日の赤ナスの皮はなぜか固い。

 飽きもせず、梅酢と醤油と梅酒で味付け。

 一昨年の夏は梅酢と三年番茶で乗り切ったけれど、梅酢を摂って 

 いると疲れにくい体になる、ような気がする。

・白玉ねぎのサラダ

 白玉ねぎは新玉ねぎに似ている。見た目や、生で食べても辛くないところ。

 けれど、食感はぱりぱりして新玉ねぎ特有のねっとり感はなく、味もなん

 というか果物(固い梨)みたいだ。

・きゅうりの漬物


c0367403_08525003.jpg

・いさきと鶏もも肉のフライ

 いさき最高においしい。鱧におとらぬ風味。

・いさきの潮汁

・たきたての飯



c0367403_08525375.jpg

by hibinosara | 2017-06-12 09:46 | Comments(0)