日々の皿

6月16日(金) 晴れ  29/18℃


c0367403_05435287.jpg





天気が持ちそうなので、薄切りにした生姜を干してから出か

けた。


目つきの悪いアオサギと、岩の上に大きく盛り上がる甲羅を

干す亀が固まる静かな池に、燕が風のごとく飛んできて何度

も燕返しをした。

背中のまるくなった男は、カメラを手にして、向こうからや

ってくる何かを待っていた。

一度だけ、シャッターを切る。

さいきんめずらしい潔さ。

液晶を見なかったから、フィルムカメラなのかもしれない。

フィルムには始まりがあり終わりがあるのがいい。やりなお

しのきかないところ、同じ時間のなかに一度しか立てないと

ころもいい。


そういえばヴェンダースのパレルモ・シューティングのラス

トシーンってどういう意味だったかな。


・スモークチキン、枝豆、人参とパンのプレート

 枝豆と人参は夕べの。

 ささみを塩麹につけておいたのがあったから、思いついて

 スモークする。鍋の底に桜チップを薄く敷き、油を塗った

 網にささみを乗せ、蓋をして強火にかける。

 よい匂いが立ってきたら火を弱めてその間10分。

 前に三年番茶で燻した時は「すすけ」た悲しい鯖になって

 いたから、おそるおそる蓋を開けるときれいな燻し色が付

 いていた。味もなかなか。

 スモークは肉につける味と燻し加減がおもしろそう。

 ピタパンはないから、5枚切りのパンを薄く切って挟む。

 人参とスモークチキンの相性は抜群。


c0367403_18284803.jpg

・鶏肉とセロリのフォー 髭のひと

 鶏肉とシャンツァイのフォー 私

 スダチを添えて


c0367403_07392215.jpg


江戸前のマコガレイは今が旬なんだそう。

濃い味。

・マコガレイのお刺身 

 再仕込み醤油で。

・イワシのお刺身

 梅醤油に生姜が最高だった。

・佐土原茄子の梅焼き

・ワカメの酢の物

・茗荷とキュウリのサラダ

・たまごのスープ

・たきたての飯


c0367403_19172331.jpg

by hibinosara | 2017-06-20 07:25 | Comments(0)