日々の皿

9月30日(土)  くもり  24/18℃

c0367403_20540958.jpg






太陽がギラリギラリ照り始めて額に汗をにじませた日、体が

キュウリ!と叫んだ瞬間から、体が欲しがるままにきゅうり、

きゅうり、きゅうり、きゅうり、きゅうり、と熱烈コールを

送っていたのに熱はじょじょに冷め、冷めたころから口はき

ゅうりのつるつるから栗や芋のほこほこの舌触りを好むよう

になった。

それは私、というよりも私の体の欲求だから、仕方のないこ

とではあるけれど、でも、なんとなくきゅうりのことは気に

なっていた。

今年はいつもより、きゅうり熱が高かったのに、使い捨ての

ように何も言わずに去っていくなんて、ちょっと薄情すぎる

んじゃないかって。


秋だ、秋だと浮かれていたけれど、9月30日までは夏のうち

。まだ夏の尻尾は残っている。

というわけで、きゅうりと夏にありがとうを告げるためのパ

スタを作る。

さよなら、きゅうり。さよなら、夏。



・カレーパンとチーズパン 

 枝豆入りポテトサラダとコルニッション

c0367403_11025360.jpg

・胡瓜にありがとうを告げるためのパスタ


材料はきゅうり、大葉、甘長とうがらし、じゃこ、にんにく、

カッペリーニ、ピーナッツオイル、黒胡椒、仕上げにスダチ。

夏の最中のパスタとちがうところは、カッペリーニは冷やす

けれど熱いオイルをからめてほんのりあたたかくするところ。

秋らしさを取り入れるために、ピーナッツオイルの香ばしさ

で風味に厚みを出すところ。

・キュウリはカッペリーニと同じ厚さに切り、軽く塩をして

 おく。

・大葉も細切りにして、水に放し、笊に上げ水気を取ってお

 く。

・甘長唐辛子は、3mm厚に切っておく。

・カッペリーニは洗うと塩分があらかた落ちてしまうので、

 湯に濃い目に塩を入れ、すこし長めに茹でる。

・小鍋にスライスのニンニクとピーナッツオイルを入れ火に

 かけて香りを出したら、じゃこを加える。

・カッペリーニを笊に上げ、流水で冷やし、布で水分を拭き

 取りボールに受け、小鍋の熱々のオイル、にんにく、じゃ

 こをかけまわし、全体にあえ、黒胡椒を挽く。

・キュウリの水気をしぼり、大葉、甘長唐辛子を混ぜ、軽く

 塩をしておいたものを、パスタの上に散らす。

・スダチをかけまわしながらいただく。


c0367403_11031195.jpg

・ポークカレー

・枝豆入りポテトサラダ

・胡瓜と蕪のサラダ

・らっきょう

・蒸しかぼちゃ 

 塩とシナモンパウダー 塩とカルダモンパウダーの組み合わせ。



c0367403_11030344.jpg

by hibinosara | 2017-10-11 15:06 | Comments(2)
Commented at 2017-10-11 17:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hibinosara at 2017-10-11 20:59
鍵コメさん
ありがとうございます。

そうですね、アチラは突発的に嬉しい事があるとアップしたくなるし、点のような場所で時間の流れも速いなあとは思います。
けれど、鍵コメさんの記事は、コチラ側とあまり変わらない時間を保持されているようにも思います。
でも、いつかお帰りくださると、うれしいです。