日々の皿

11月30日(木)  くもり  14/12℃

c0367403_08385446.jpg




柳の葉が、うっすら色づいて枝から落ち始めた。

ひーよのおおきなうんちがベランダの手すりに、ぽっこりも

りあがっている。

夕べ髭の人の田舎から送られてきた季節の便りの板餅で、雑

煮を作る。

夜は香りのうすくなった名残のラ・フランスで洋梨のタルト

を焼く。

11月30日



朝は

・新生姜のジャムのバタートースト

 薄紅色のジャムが朝日のなかできらきらしてきれいだった。

 それにとてもおいしい。

 新生姜の季節、来年の春が待たれるところ。

 母の好物でもある。



昼は

・お雑煮

あるもので作る。大根、黄美人参、豚肉、大きな椎茸、三つ葉、柚子。

この季節に板餅を送ってきてくれたのは初めてだけど、新米の季節に

は感謝をこめて、お餅を作るんだそう。

そういった風習が愛おしい。

新しいもち米で作ったお餅は、透明な味わいだった。


c0367403_08385405.jpg

夜は

・椎茸の軸のパスタ

・ベイクドポテト

・ブリー

・バケット


ジャンボ椎茸の軸はたぶん、15個分くらい。

きのう日本橋のデパートで半額になっていたのが8つ分、

田舎から送られてきたのがたぶん7つくらい。

みじん切りにして、同じくみじん切りにしたにんにくと

オリーヴオイルでじっくり時間をかけて炒めて香りと旨味

を引き出す。

味付けは、その時の思いつきで作っているからあまり記憶

にないのだけれど、ホワイトバルサミコ、塩、ほかになん

だっただろう。もしかすると魚醤を使ったかもしれない。

ジャンボ椎茸そのものも2つほど入れる。

スパイスは黒胡椒。

パスタはオレキエッテとストロッツァプレティ。

これが、たいそうおいしかった。


デザートは洋梨のタルト


c0367403_07134119.jpg







by hibinosara | 2017-12-05 08:08 | Comments(0)