日々の皿

どうしよう、タケノコ   4月8日(水) みぞれ 

c0367403_14281638.jpg
ウィークデーの昼間の宴は静かなものだった。
どうやら背徳感っていうのが邪魔しているらしい。
どうしよう、タケノコ。いっぱい残った。



4月8日の食卓
# by hibinosara | 2015-04-15 14:39 | Comments(0)

マグロとカツオ   4月7日(火)雨がぱらつく

c0367403_14141874.jpg
500円の札と安価な切り落としのマグロが几帳面にきっちりと
端から端まで並べられているパックに引き寄せられる。
こういう店はだいたい間違いない。
まだ少し高いけど、ルビー色のきれいな鰹もみつけた(鹿児島)。
この間の串木野の真鯛がおいしかったから平岩を覗いてみたけれど
今日は無し。一キロくらいの大きさの真鯛を求めて市場をさまよう。

石時 まぐろ   500円 
玉銀 カツオ   キロ1500円 1.7キロ 2550円
   ホタルイカ 一枚  1200円
尾辰 串木野真鯛 キロ1500円 0.8キロ 1200円



4月7日の食卓
# by hibinosara | 2015-04-15 14:23 | Comments(0)

カレー屋の水   4月6日(月) ひさしぶりの晴れ

c0367403_13263206.jpg


4月6日の食卓
# by hibinosara | 2015-04-15 13:28 | Comments(0)

ひとりでも、お弁当があれば   4月5日(日)雨のちくもり

c0367403_12503285.jpg
お弁当ってほんとなぜこうも、楽しいのだろうなあ。
お弁当箱の細いラインが日常を隔てて、そこだけすぽんと万華鏡。
干涸びたような残り物でも箱に詰めると光を放つ。


4月5日の食卓
# by hibinosara | 2015-04-15 12:54 | Comments(0)

天ぷら、ふたたび。かき揚げを作る。  4月4日(土)くもり


c0367403_12412367.jpg
天ぷらのコツらしきものをほんの少しだけ掴んだ。
具材を入れたら強火で揚げる。
たとえ油が溢れようが火が入りそうになろうがこわがらずに強気で揚げる。


4月4日の皿
# by hibinosara | 2015-04-15 12:46 | Comments(0)

春食はつづく  4月3日記 (金) くもり

c0367403_11054308.jpgc0367403_11074803.jpg



















料理をはじめたころ天ぷらを作った。けれどうまくできなくて、
鮨、天ぷら、デミグラスソースのシチューは家で作らないと勝手に決めた。
なのにふつふつと天ぷらを作りたくなっているのは何だろう。
一ヶ月くらいまえに、油は用意した。
九鬼の白と茶のごま油を一缶ずつ。意欲はある。

4月3日の食卓
# by hibinosara | 2015-04-15 11:11 | Comments(0)