日々の皿

ひとりでも、お弁当があれば   4月5日(日)雨のちくもり

c0367403_12503285.jpg
お弁当ってほんとなぜこうも、楽しいのだろうなあ。
お弁当箱の細いラインが日常を隔てて、そこだけすぽんと万華鏡。
干涸びたような残り物でも箱に詰めると光を放つ。


4月5日の食卓
# by hibinosara | 2015-04-15 12:54 | Comments(0)

天ぷら、ふたたび。かき揚げを作る。  4月4日(土)くもり


c0367403_12412367.jpg
天ぷらのコツらしきものをほんの少しだけ掴んだ。
具材を入れたら強火で揚げる。
たとえ油が溢れようが火が入りそうになろうがこわがらずに強気で揚げる。


4月4日の皿
# by hibinosara | 2015-04-15 12:46 | Comments(0)

春食はつづく  4月3日記 (金) くもり

c0367403_11054308.jpgc0367403_11074803.jpg



















料理をはじめたころ天ぷらを作った。けれどうまくできなくて、
鮨、天ぷら、デミグラスソースのシチューは家で作らないと勝手に決めた。
なのにふつふつと天ぷらを作りたくなっているのは何だろう。
一ヶ月くらいまえに、油は用意した。
九鬼の白と茶のごま油を一缶ずつ。意欲はある。

4月3日の食卓
# by hibinosara | 2015-04-15 11:11 | Comments(0)

春にうまれた人のお誕生日のために  4月2日(木)晴れ

c0367403_10480760.jpg
ひさしぶりの市場。
ぷっくり太ったホタルイカはお値段もぐんと下がって半値ほど。
金芳で山菜と春キャベツ、爽やかな酸味の黄色い蜜柑。
平岩で串木田産の真鯛一尾(二千五百円)ホタルイカ一枚(市場では四角い笊に並べて売られている)
(百五十円値引きの七百円)を求める。



4月2日の食卓
# by hibinosara | 2015-04-15 10:58 | Comments(0)

ふきのとう味噌がおいしい  4月1日(水) 晴れ

c0367403_17284039.jpg

今年はじめて蕗の薹味噌を作る。
この苦みを待っていた、とばかり体が喜んでいる。



4月1日の食卓
# by hibinosara | 2015-04-15 10:46 | Comments(0)