日々の皿

3月8日(木) 雨  8/4℃

c0367403_07062329.jpg







八角をどうしてスターアニスと呼ぶのか知らなかったのだけ

れど、アニスの香りによく似て、けれどアニスより安価だか

ら代用として用いられることも多いからなんだそう。

八角と呼ぶより星の方がイメージが広がるし、なんだかいい

な。


母のトンポーローにはかならず八角が入っていた。あの色

ぽい匂いが好きで私も豚の角煮を作るときには記憶をもとに

香り付けをした。

けれどどうしてか生姜だけで煮るようになっていて、この間

テレビで「この豚は豚らしい肉らしい匂いがします!」とレ

ポーターが叫んでいたけれど、もしかすると今の豚は昔の豚

ほど臭くないのかもしれない。

豚足ははじめて煮る。

海の方のスーパーの肉売り場で、ブロンドをシニヨンにした背

のたかーいモデルさんみたいな人たちが、一番上の棚から何か

を取った。興味津々、何の肉だろうと見ると豚足。

二本1パック。まっすぐ伸びた足の先はピンクに色付いている。

私もカゴに入れる。

レジに並んでいると中学生くらいの女の子二人が「まじいやん

なっちゃう。超こんでるしぃ」みたいなことを言っていて「ち

ょっ。ちょっと。あれ」「うわ」「そうだよね」「うってるん

だ」なんて声が聞こえてくるからきっと、豚足に注目が集まっ

ていたんだと思う。

そうだよ、今夜煮るんだよ、ふふふ。と振り向いて言ってみた

かったな。

大きな鍋に豚足を並べ、水と酒をひたひたにして、いつかいち

ゃんが下さったスターアニスを一つ加えて、火にかける。

スターアニスは手にすると匂いをかがずにはいられない。

清涼感と甘くむんとした異質な香りが重なっているから感覚が

揺さぶられて、くらっとする。

ひさしぶりに、アブサンがのみたくなった。

角砂糖をアブサンで溶かして火をつけて。金沢の雪は溶けてき

たかな。



メジロ日記

朝のうす闇に、メジロの影。

つがいで来ている。

先に来ていたヒーヨに追い払われる。

ヒーヨがいないときに、頻繁に来る。

今日はどうしてか逆さになって、みかんを食べていた。

寒さで窓がくもって、メジロのシルエットがほのかに

見えているのがよかった。

今日は一日つめたい雨が降っていた。

c0367403_07484458.jpg

昼は

・おいなりさん

・生しいたけ旨煮 

 よく冷やして山葵の組み合わせ お酒にもいい。

・寒じめほうれん草のおひたし

・鰊昆布巻き

・新生姜甘酢漬け

・山芋とお豆腐の茶碗蒸し

 KAORIさんの食卓のお写真に反応して、おしえていただく。

 茶碗蒸しといっても卵液は入らず、山芋と豆腐と銀餡と山葵の組み合わせ。

 味付けのことは訊かなかったから想像で作る。

 口当たりのなめらかなお豆腐にうすくち醤油で味付けした出汁で下味をつけておく。

 長芋はすりおろし出汁を加える。

 豆腐、長芋の順に茶碗に入れて、中火強で10分ほど蒸す。

 銀あんをとろりとかけまわし、山葵をちょんとのせる。

 長芋がむっちりしてお出汁がよくきいておいしかった。

 もしかすると、銀餡のお味だけでいただくのかもしれないけれど。

 後でもう一度確かめたところ、豆腐はすりばちであたってなめらかにするのだそう。

 豆腐に枝豆を加えてもおいしそう。

 風邪をひいたときには、長芋の替わりに蓮根でもよさそう。あ、聖護院蕪でもお

 いしそうだなあ。

 もう一度作ってみる。よい葛がそのうち届くらしいから。


c0367403_07021260.jpg

夜は

・豚足土鍋ラーメン

・しいたけの幽庵焼き

・らっきょう

・若芽酢


c0367403_07021241.jpg

by hibinosara | 2018-03-17 09:43 | Comments(0)