日々の皿

3月22日(木)  雨のち晴れ  18/6℃

c0367403_03080360.jpg




小雨がぱらついていた。

ノートパソコンを忘れていたのに気がついて踵をかえす。

お弁当を作るのは好きだし、それに飯やお菜がずっしり詰

た弁当箱がテーブルにのっている風景はよいものだけど、

一から作ると時間がかかる。白飯にかけるだけでいいよう

に牛肉と白滝を煮て、夜は夕べのカレーが冷蔵庫に入って

いるからと言って来た。

私は東京駅に着いたらおにぎり屋に行って塩むすびともう

一つくらい買って、米の甘みを噛みしめながら高速バスの

車窓から景色を眺めることをることを楽しみにしていたけ

ど、朝早すぎてキオスクさえ開いてなかった。

館山までの道のりで好きなポイントは二つ。レインボーブ

リッジと海ほたるから眺める景色でどちらとも東京湾にか

かる長い橋だ。

レインボーブリッジは海に出てゆくような雰囲気がいいし、

海ほたるは湾の向こうに白い線になった町が浮かんであっ

ちにも人が暮らしているのが朧に見えるのがいい。

バスが着くと、ロータリーに車を止めたしげこさんが手を

振っていた。

新しいパソコンの設定でつまずいているところがあるらし

く、今日はそれを手伝って時間があれば写真も撮りたい。

さらに余れば、春の野草を摘んで東京に持ち帰りたい。

スミレが咲いているそうだから、花びらを散らした「スミ

レ飯」ができれば、素敵だと思う。

朝はぐんと冷え込んで震えていると薪ストーブを炊いてく

れた。炎が薪を燃やす匂いが心地よかった。

腹ペコな私はしげこさんに食べるものをお願いする。

焼きたての熱々の大好物のキシュ、それもキノコとオ

オンの二種類を出してくださる濃いコーヒー付きで!

ぶつぶつと独りごちながら、集中する。さいしょはゆるや

かに。ときどきおしゃべりなどもしながら。

温室に陽が差し込んで光でいっぱいになると気温はぐんぐ

ん上昇して汗をかくくらいになった。

思ったより細々と設定する項目があったり、サポートのメ

イルが返信されてこなかったり、そうして残り時間が刻々

と失われて来た時にはさらにぎゅうっと集中した。

終わるとひでのぶさんは、おつかれさんの焼酎サワーをく

ださった。

写真はたぶん二、三枚撮れたと思う。

この間来た時に、土におろしたオリーブは元気そうだった

けれど、まだ都会の匂いを放っていてそれがなんとなく

恥ずかしくて、あまり見ないようにした。

くこの土地に馴染んむといいのにと思った。

「今日はありがとうね」とひでのぶさんに見送られてしげ

こさんに駅まで車で送ってもらう。

集中していたから、駅前の広いだけが取り柄の回転寿司で

ビールを飲んでいくつかつまんで放心したかったけれど、

潰れていた。きっとまずいからだね、としげこさんと店の

看板を見上げた。

駅から離れて店を探すほどの情熱はなかったから、特急の

止まらなくなった寂れた駅の売店でビールとチーカマ、そ

れから砂肝七味を買ってバスに乗り、見通しのよい一番好

きな一番前の席に座りビールをコクコクと喉に流し込んだ。

バスの運転手さんはよれよれのアナウンスをして元気がな

かったから小さな声だけれど「ガンバレー」と叫んでおい

た。私は酔っ払って機嫌が良かったのだ。


メジロ日記

さっきメジちゃん二人で来ました、

と髭の人からメイル


-------------

おやつにはパンも焼いてくださった。

包丁で入れた切れ込みがさすがに綺麗。


c0367403_03080352.jpg

夜は

東京駅に着いたら、蕎麦屋で一杯やろうと思っていたけど

、髭の人からメイルで一緒にご飯を食べようというので帰

ってみると、待てずに食べ終わっていた。

私は、小暴れした。







by hibinosara | 2018-04-05 09:50 | Comments(2)
Commented by shigeko at 2018-04-08 06:25 x
いつも、いつも、ほんとうにありがとうございます。
どのくらいかかるか分からないからって朝一番で来てくれたのよね。
なのに・・・せわしなくてごめんなさい。
スミレを摘みに行くどころではなくて。
サポートのメールの返信がきたのは翌日の11時半過ぎ!
時間だけではなく選択肢や自由、心の中まで搾取された気分。

特急はね、止まらなくなったのではなくて廃止になったの。
でも寂れた風情は嫌いじゃないけど。
Commented by hibinosara at 2018-04-08 07:57
しげこさま
とーんでもごじゃりません。
ほんとー遠慮なさらずになんでも言ってね。時間がもったいないもの。
スミレは行く前は覚えていたけれど、あの時は忘れていました。
来年摘みに行きたいなあ。

エーーーーーーーッ。
向こうの都合に合わせろってことだよね。
すごく傲慢なやり方!!腹、たつなー。

あ、そうだった。
廃止だった。
「さざなみ号」って好きだったの。
お弁当食べてね、一つだけじゃなくて、二つくらい買ってね、楽しかった。
うん、私も寂れた風情は好きです。
駅から見える、色のすっかり抜けてモノトーンになったボーリングのピンも好き。