日々の皿

3月31日(土)  晴れ  18/3℃

c0367403_04515581.jpg




きのう見かけたカモメたちはもう去ったよう。

今ごろどのあたりを飛んでいるのかなあ。ひたすらひたすら

、首を突き出して飛んでいるのだろうなあ。

今日はきのうより晴れて、観光船の船上に春の陽光を受けて

すっかり解放された顔が鈴なりに並んでいた。風を気持ちよ

さそうにして。

いつもそうするように、橋の上で船を来るのを待って、手を

振る。

たいていは橋の上に立っている私を船の人たちが見つけてい

くつもの手があがり大きく振ってくれる。最高の笑顔で。


「内」の八百屋へ。

女将さんが「いい市場籠ねえ、網目もしっかりしてねえ」と

おっしゃいながら社長に背を向けて行者ニンニクやかたくり

をそっと入れてくださった。

朝、髭の人は布団の中から顔をにょきりと出して「メジロの

声か?聞こえないか?」と言った。

一年の四分の一も一緒にいるんだから、空耳にもなる。

もう声は聞こえない。カモメだって渡っていったわけだし。



昼は

・きのうの土産の五十番の餃子

・わさび菜のサラダ

・卵と長ネギのスープ

・玄米ご飯と白米の人


夜は

近所のとんかつ屋へ

ふたりとも、かつ煮膳


c0367403_04515727.jpg

by hibinosara | 2018-04-20 07:12 | Comments(0)