日々の皿

4月13日(金) 晴れ  21/12℃

c0367403_15330170.jpg




ベランダはすっかり春になっていた。

セージとタイムは狂い咲き、レモンは蕾を桃色に膨らませて

すでに一つ二つほころんでいる。オリーブにも小さな蕾が

なりで、柳の新芽は生え揃い、山椒の木の芽もまた。

根元から切り取ったレモングラスは細い茎を伸ばし、百合も

八方に葉を広げ、川向こうの木々は風に揺らされながら太陽

にきらめき、春の12日間に起こっていたことを一気に目に

したようだった。

ヒヨドリは去ったよう。

みかんが柳の木の根元にあるけれど乾きはじめて、もう二日

ばかり来てないらしい。冬の尻尾とともに、渡って行ったの

だな。

それにしても、陽光がきもちよい。

わたしはこんなところに住んでいたのだなあ。

目がものすごく喜んでいる。体だって、ぴょんぴょん飛び跳

ねたいくらい。

持ち帰った、生成り色のリネンの布をさっそく窓辺のテーブ

ルにかける。漆器ものせて、いいぞいいぞと眺めた。


c0367403_15473475.jpg

市場にお土産を持ってゆく。

八百屋さんと魚屋さん。

魚屋さんのご夫婦に母がとても喜んだ話していると、胸がぐ

ーっと熱くなった。

「じーん。泣きそうです。わーん、ありがとうございました」

と支離滅裂になっていると「なーに、言ってんだあ」と親方

はあたたかい顔で笑った。


ちょっと心が折れそう。

惚ける、一日。


昼は

・じゃーじゃー麺

 今年お初の胡瓜は、髭のひとの田舎から送ってきたの。

 胡瓜を刻んでいると、青臭い夏の匂いがした。

 意外にも食べ物はたくさん残っていた。

 外食は一度だけ、きのう銀座の梅林でとんかつ定食を

 食べただけだそう。お土産の、カツサンドがおいしかっ

 たな。夕べ、ふた切れ残して私のお昼にした。

c0367403_15330174.jpg

惚けていて、イサキに合った料理ができず。

夜は

・カレー

・コールスロー

 どちらとも帰る前に作って行ったの。

 コールスローは乳酸発酵漬けのキャベツと人参がよく

 醗酵して、酸味の具合がよい。



by hibinosara | 2018-05-09 15:38 | Comments(0)