日々の皿

4月24日(火)  くもり  21/15℃

c0367403_10553167.jpg




山椒の木の芽にポチッと黄色い丸。

この間の揚羽蝶が産みつけていった卵。

ちっちゃい。

かそけき、なんていう普段つかわない言葉が浮かぶ。

どんな字だっけ。

けれど、ちょっとやそっとの風が吹いたって取れないように付

けられていて、すごい、つよい。

それにしてもこの黄色は食欲のわく色だなあ。

食べませんけれど。

揚羽の幼虫の餌になる木の芽を、タケノコご飯のためにちょっ

ともらう。


昼は

・たらの芽とアミの卵焼き

・酢大豆

・はりはり漬け、高菜塩漬け

・生しいたけ旨煮

・タケノコご飯

・お豆腐のすまし汁

c0367403_08513085.jpg

夜は

・若芽酢

・ねぎ焼き

・冷奴


c0367403_10425523.jpg

・鶏もも肉の粕漬け

・甘草酢味噌和え(かんぞうは、かたかった)

c0367403_08395747.jpg


・グリンピースご飯

・新玉ねぎのお味噌汁

 味噌はいただきものの、岩塩で造った白味噌。

 なんていうのか、やや硬い、かわった味。

ピースご飯は、酒や昆布と一緒に炊いたりもしたけれど

今は塩と水だけ。その方が豆も米も生きる。

c0367403_08364586.jpg



by hibinosara | 2018-05-16 11:19 | Comments(0)