日々の皿

7月4日(水) 快晴  31/26℃

c0367403_15375821.jpg




朝、髭のひとはサッカーの記事を読み上げた。

グラウンドを拳で叩いていた選手について。

めずらしく聞いてほしいようだったから、耳を傾ける用意を

する。さいしょ、めんどうくさがっていた耳はどんどん引き

込まれてゆき、悔しかっただろうなあ!と涙がにじむ。

ふいに風が吹いてきた。

夏らしく、さまざまな匂いを含んでそれは記憶のように。

山椒の葉っぱを食んで体を大きくしていった幼虫は、木のて

っぺんでぴたりと留まり、蛹になる準備をはじめた。

枝に一本の糸を二等辺三角形にピンとはって体を預けてもう

羽化する体勢を取っている。

もう一匹も消化器官ごと激しく脱糞した跡が残されていたか

ら、蛹になる場所を探しに行ったのだと思う。

今日だけは雀から守らないと、というと髭のひとは窓際で本を

読みはじめた。


強い風が吹いてきて、大きな木がどっと揺れた。

足は前に進めずよろりとする。

帰ってくるとぷりぷりしていた幼虫はくの字型に干からびて、

時間をすすめていた。

夜、暗くなった山椒の木に光をあてるとほぼ、蛹。



-------------------



・生ハム入りスクランブルエッグパンの耳のサンドイッチ

・かぼちゃの冷たいスウプ



・たまごぶっかけうどん

 なま玉子のほかに、大葉、長ネギ、ゴマ、生姜

c0367403_14374521.jpg

・わたしは梅干しと乾燥トマトのぶっかけうどん

 乾燥トマトは戻して千切り、梅干しはちぎって、ほかに大葉にゴマ。

 糸唐辛子をぱらり。


c0367403_14374247.jpg

・鱧寿司 柿の葉寿司

 鱧寿司はおいしかった。柿の葉寿司のご飯は冷たい味がした。

・焼きピーマン 皿に盛り付けてから醤油をじゃっとかけて生姜

・きゅうり、オクラ、みょうがの酢の物

・飛竜頭の吸い物


c0367403_14373701.jpg



------------------研がれていた包丁。
蛹を雀から守るための窓辺の仕事-------

c0367403_14373471.jpg


by hibinosara | 2018-07-12 08:20 | Comments(5)
Commented by fusk-en25 at 2018-07-12 08:53
私は右から3番目のタイプの包丁大小何本かで
全部やってしまいます。。
たまには出刃も使うかな。。
骨を叩く時。

研ぎに来てください。
Commented by hibinosara at 2018-07-12 10:17
fusk-en25さん
この包丁は気に入っています。刃はうちにある包丁の中で一番柔らかく、使いやすいです。
と言いつつ、肉や魚は硬い刃が使いやすいかなあ。
それぞれ、使いやすいです。

フランスに向かう時には、研ぎに行くように伝えます😁
Commented by na7-ko at 2018-07-12 21:23 x
圧巻ですね。
でもそれが蛹を守るためのお仕事だったとは。
髭の方はほんとうに優しい。

私も先週、巻いて砥石を手に入れてください、砥ぎ方も習って
きました。
先は長いけれど、これからは自分で研ぐ様にします。
実は、ほとんどペティナイフでやっちゃうんだなあ、手が
ちいさくて楽ちんなので。
Commented by na7-ko at 2018-07-12 21:24 x
あれ、巻いて?変な言葉が入ってしまいました。
ごめんなさい。
Commented by hibinosara at 2018-07-13 00:18
ナナコさん
うーん。何かしながらの方が守っていやすかったのではないかなあ。
こんなにいっぺんに研ぐことってないのです。

えーーーーーーっ。それはとても器用なのだと思います。
そういえばイタリア人ってペティナイフみたいので器用に空中切りしていますよね。
わたしは刃渡りが必要かなあ。引けないと苦しいです。
母からもらってきた刃渡りの長い牛刀は、キャベツの千切りとかとってもらくちんで重宝しています。