日々の皿

夜と月と鯛ごはん

c0367403_10395503.jpg




9月22日(土)  雨のち曇りのち晴れ  26/19℃


洗濯物をひとかかえ、窓辺にアイロン台を立てて、ハンカチ

にふきん、シャツにパンツ、下着のパンツにタンクトップ、

来週はずっと天気が悪いから今日は洗濯屋になると言って、

ひげの人ありとあらゆる布にアイロンをあてかしいる。

わたしは栗と小豆のおこわのご飯やさんになった。

四月、札幌から帰ってくるとき何種類かのおにぎりを作っ

て、小腹がすけばすぐに食べられるようにしてきたけれど、

それがよかったのかわるかったのか母はまるで「おにぎり」

というものを、発見したかのように気に入ってしまった。

冷凍したおにぎりを空腹に備えておけばすぐに食べられる手

軽さがあるけれど、それでお腹を満たして栄養のバランスが

悪くなっているような気がするので、いつもは栗だけの

わだけれど小豆を組み合わせ、ついでに小豆の茹で汁

浸して邪気払いの色を染み込ませて、おまじない。

蒸しあがったおこわはその四月にもらってきた赤い漆器の

重にいれて、さめたら握ってまた冷凍庫に溜める。


中秋の名月が近づいてくるとくっきりとした輪郭の、ひか

輝くお月さまが東から西に夜を横切ってゆくようになる。

月は音もなく現れるから出会いはいつも唐突で「うぁあっ

!」「つきーっ!」などと大きな声が出て、ひげの人にも

たか?うつくしいぞ、と迫るとたいてい冷静に、さっきから

昇っているよ、とか、君に声をかけたけれど聞こえてなかっ

たんだね、と冷静に応えてまことにおもしろくない。

でも今夜は電話があった。ちちゃんから。

「月、月みている?」としっかりと興奮なさって。

こんなにうつくしい月だから知らせねばと思って下さったの

だそう

わたしはすこし前まで月を見ていたのだけれど、携帯電話を

耳にあてたまま台所から出てベランダに立つと、また「おお

ぉっ!」と叫んだ。

れほどすばらしき月だった。


夕飯の前に音楽の時間がはじまり、今夜はアダレイとコル

レーン。日本酒もおいしくて、のまま聴き入ってしまう。

ようやくうんしょと腰をあげて、塩をしたままになっている

が待つ台所にむかうとき、静かにけれど力強く変わ

に浮かんでいる月と唐突に目が会ってまた、叫ぶ。



―-

朝は

・玉ねぎとチーズのトースト



昼は

・あずきと栗のおこわごはん

・夕べの揚げ浸し(茄子とオクラ)

 夕べの煮浸し(インゲンと油揚げ)

・エリンギの素焼き

・キュウリとミョウガの甘酢漬け

・しじみ汁



c0367403_10395932.jpg




c0367403_10490937.jpg

夜の月のしたで 

・さといも煮 仕上げにカボスの皮ぱらぱら

・大根菜と油揚げの煮浸し

・鯛めし

 土鍋でほぐして、骨を取るのはひげの人の役割

・しじみ汁

 



by hibinosara | 2018-10-02 16:47 | Comments(7)
Commented by fusk-en25 at 2018-10-02 19:50
まあるい満月も。少し欠けたお月様も。糸のように細い月も。
月はあまりにもファッショナブルで。。
見飽きることがありません。
一晩のうちに色も変わって来るし。。
Commented by hibinosara at 2018-10-02 22:22
fusk-en25さん
そうですね、お月さまは見飽きることがありませんね。
無条件に好きなお月さまですが、好きな理由を考えてみるとそれはたぶん、
具体なのに、抽象的なところ。
その抽象性は遠くにあるゆえで、好きなんです、遠くからやってくるもの。
もしも神さまがいらっしゃるとすれば、月のような在り方なのかもしれないと思うこともあります。
Commented by yamataro28 at 2018-10-03 12:43
りかさん、こんにちは!
その日、立山の雷鳥沢というところでじぶんも同じ月を見ました。
テントを開けて空を見上げると月が出ていて、キレイやなぁ〜と思っていたまさにそのとき、うちの母から、お月さんキレイやなぁ〜!というメールが来ました。
あの日の月はすばらしい月でしたねえ!じぶんも小声で「おおっ!」と叫びました。
Commented by hibinosara at 2018-10-03 16:59
わこちゃん、こんにちは!
その、館山の雷鳥沢というところの写真をみてきましたー!
あんなところでお月さまを見ていたのですね!
きれいだっただろうなあ。キーンとして。
お母さまと以心伝心だったのですね!
そういうとき、うれしいだろうなあ。
なんだか通じているみたいでね。
わこちゃんも、叫んだのですね。わたしは大叫びでした。「あーっ、月ーっ!」って。
お月さまがきれいだと、ふわっ、としたような気持ちになってしまいます。

わこちゃん、台風大変でしたね!
今読んで、猫たちも怖かっただろうなあ、と思った。
会社の屋根も飛びそうで、怖かったね!!!
Commented by hibinosara at 2018-10-03 17:41
わこちゃん
追記。

いま、ひげの人からチェック入りましたっ。
館山 → 立山!

ごめんなさーい。
Commented by yamataro28 at 2018-10-03 20:58
りかさん、こんばんは!
ふふふっ!おひげさんのチェック入りましたか!
あの日のお月さんは明るくて、トイレまでライト無しで歩けるくらいでした。周りの山々も月あかりに照らされて、それはそれはうつくしい夜でした。
りかさんのブログのまだまんまるになりきれてないお月さんのお写真を見て雷鳥沢の夜を思い出し、そうそう!この月!!と、うれしくなりました。
母とはこういうことがわりとあるのですが、この日はあまりにもタイミングが良くて。

台風、怖かったです〜!
その後の北海道の地震も怖かっただろうなぁ。
お母さんがご無事のようで本当によかった!!
Commented by hibinosara at 2018-10-04 06:58
わこちゃん、おはよーございまーす!!
ふふふっ!しーっかり、はいりました!

お月さまの景色を想像して、とっても幸せな気持ちになっています。
お月さま、わこちゃん、ありがとう。
じーん。
東京のお月さまと同じだったんだなあ。
じーん。
うんうん、電波飛んでいるのかなーと思うようなことが、ときどきありますね。
ほんとーは、そういうこと、人間も動物だから、どこかでわかっているのかもね。

ありがとう!!
母はすっかり元気。
お味噌汁を飲んで、これからお散歩にでかけるそう。
台風25号はぎゅいーんと右に曲がりそうだけれど、日本と大陸の間をかけぬけていくみたいで、ほっとしました。