日々の皿

東のむこう

c0367403_02100931.jpg




11月23日(金)  晴れ  15/7℃


徒労の一日だったけれど、バスが橋にさしかかるころ東の

むこうから霞みにつつまれた大きな月が昇ってくるところ

で「あーっ」と前のめりに大きな声が出そうになった。

急いで家に帰ってビルの向こうを探すとさっきの月が夜空

にぽっと花が咲くように浮かんでいたから、ひげの人にも

「月!月」とうるさく言う。

もう一度ちゃんと見るとやや霞がとれて、透明な月になっ

ていた。あのぼんやりを見せたかったなあ。

手洗いとうがいをする。ちょっと風邪っぽい。

泥ネギを洗って今日はもうくたくたに疲れてしまったから

網でじっくり焼く気力もなく、直火にネギをかざすと意外

にもすぐ焦げ目がつく。

ネギが沸騰すると、ネギ持つ手にぐつぐつが伝わって野蛮

じ。野蛮はわたしを喜ばせて元気にする。

黒く焼いた皮をむいて斜め切り。塩、少量の酢、オリーヴ

オイル。

食卓にそのネギだけを一品ぽんと出して二人で食べる。

なかなかおいしい。

台所に立って気がついたら喉のヒリヒリは消えていた。


夕飯が終わるころには月は高く昇ってもうぼんやりで

くキンとした顔をしていた。


----



朝は

「富有柿はおいしいなあ」とひげの人は幾度となく言う。

c0367403_02100894.jpg


昼は

・粥

夕べのピェンローに米とオートミールを加えて。

オートミールはおいしいものなのだなあ。

やさしい口ざわり。


c0367403_02100844.jpg


風邪にネギ

長ネギは真っ黒になるまで焼きます。

黒く焼けてくるとだらりと下がるので、金串で支えながら

工夫してさらに焼きます。



c0367403_02100888.jpg


野菜焼き

・蓮根、蕪、しいたけ

 椎茸は菌床だけれど、ずいぶん香りがよくて味も濃くて

 おいしかった。

 ときどき抜群の菌床椎茸というのがあります。


・煮込みうどん



c0367403_02100934.jpg






by hibinosara | 2018-12-03 07:58 | Comments(2)
Commented by fusk-en25 at 2018-12-03 08:15
タイムを煎じて飲むと
喉の痛みが和らぐと教えられて。
時々薄めてうがいもします。
薬効は煮出したほうがいいらしい。
でも煮ださなくても麻の袋で熱湯につけてもいい香りが出ました。
Commented by hibinosara at 2018-12-03 08:51
> fusk-en25さん
リラックスもできて、よさそうですね。
タイムはわさわさと葉を茂らせているので、今度やって見ますね。
ありがとうございます。