日々の皿

米の花

c0367403_08252680.jpg







c0367403_11245293.jpg

11月24日(土)  晴れのちくもり  12/8℃


満月の翌朝に円い卵焼きを作った。チルド室で冷たく固まっ

ていたブロッコリー入り。

ひげの人は名前にこだわるので「これはなんていう卵料理?」

と聞いてくる。フリッタータだといえばイタリアを目指した

ことになるし、トルティージャといえばスペインだ。でもど

ちらの国も目指してないし、オムレツとも違う。だから卵焼

き。柔らかく茹でたじゃがいも入れるともうすこしバランス

が取れたかもしれない。

ギラギラとまばゆい太陽に照らされた円い卵焼きをこっちと

あっちからフォークでつついて食べた。

そして週末をいいことにゆっくりお風呂に入った。

石牟礼道子さんの本とともに。

昼は粥を炊いた。

米に十倍の水を加え、対流が起きる火加減にする。

米に花が咲き、うすあまい乳のような味が現れるまで炊く。

一時間はかかるから、米のようすを見に湯船から時々出て台

所に立つ。

時間がないときには牛乳をすこし加えてコクを出してもよい、

と以前なにかで読んで一度そうしてみたことがあったけれど、

ほんとうに乳くさくなるし、熱を入れた時間の味のふくらみ

もなく、ぺっそりしていた



お昼が終わって時計を見上げると2時をすぎていてびっくり

する。長風呂が過ぎた。

午後は、玉ねぎをじっくりと炒める(ひげの人が)。

そろそろ今月の母のご飯の支度をはじめないと。


-----

朝は

・ブロッコリー入りの円い卵焼き スパイスハーブ入り

・栗のスウプ

・ルヴァンのパン


c0367403_11261523.jpg

昼は

・白粥

・焼き麩煮

・蕪の葉の炒め物

・梅干し 切り昆布 味付け白ゴマ

c0367403_13004881.jpg

夜は

・豚肉とアサリのキムチ鍋




by hibinosara | 2018-12-03 14:15 | Comments(0)