日々の皿

影の長い部屋

c0367403_02463928.jpg




11月25日(日) 晴れのちくもり  15/7℃


朝日がつくる影が長くなった。影の長い部屋にいると、影

と影の間に白い光があふれかえっている部屋にいると、何

かを考えないといけないような気持ちになる。ヒーヨがや

ってきて喉を枯らすような声で鳴いている。けれどシルエ

ットがうまくとらえられない、あまりに光が強くて。 

ぼんやりして、作ってくれたばかりのコーヒーに夕べのワ

インを入れてしまった。

あっ、と思ったときにはもう遅かった。

もったいないことをしてしまった。すぐに捨てるのは申し

訳なくて、まずいに決まっているけれど、けれどそれは頭

が決めていることだからと言い聞かせて試しに味を見てみ

る。ふたつのフレーバーは調和することなく見事わかれ

て、ものすごく変な味。

明日家で仕事があるのを忘れていて、さっと血の気が引く。


母のおにぎりを作る。

今月はすくなめ。先月の100個のうちの30個がまだ残

っているのだそう。

丹波の黒豆のおにぎり、黄大豆と三年番茶のおにぎり、か

やくごはんのおにぎり(蓮根、牛蒡、人参、油揚げ)、新

小豆と安納芋のおにぎり。

鍋に洗った米をいれ黒豆の煮汁ごと加えた景色がぼんやり

としてうつくしかったなあ。


朝は

・ルヴァンのパンとりんごジャム

・柿


昼は

・大ぶり野菜焼き焼きそば

 玉ねぎ、蕪、人参、豚肉


c0367403_06104119.jpg

今月の黄大豆と三年番茶のおにぎりは梅入り

さらに梅酢を手に取って握る。


c0367403_02465140.jpgc0367403_02465472.jpg
























夜は

・豚肉の生姜焼き

・かやくご飯

・お揚げと白菜の蒸し物

 これは今より昔によく作った。

 確か料理をはじめたころに買った辻留さんの古い本にのってい

 たのだと思う。

 白菜をさっと湯がいて水気を絞り、葉と茎を反対にして組み合

 わせ、竹の皮をさいたもので何箇所かしばり、淡口醤油で調味

 したかつお出汁につけて、蒸し器でぐたぐたになるまで蒸す。

 揚げ豆腐は別に煮ていたはず。

 今はすこし手を抜いて、揚げ豆腐ではなくおいしいお揚げさ

 を白菜と一緒に入れてしまう。

 これは、蒸すとおいしくなるということを、知った料理だ。

 試しに鍋で煮たこともあるけれど、別物だった。

 蒸気のほんわりが食材にも映し出されて、ふくらみのある豊か

 さが現れるのが不思議

 これから蒸し料理の季節がはじまるのだなあ!


 今夜は不思議なお月さま


c0367403_02465755.jpg









by hibinosara | 2018-12-04 07:47 | Comments(2)
Commented by fusk-en25 at 2018-12-04 09:39
すごく美味しそうな白菜。

コーヒーにブランデーを垂らすと美味しかった?ような覚えも。ずいぶん前で忘れました。
Commented by hibinosara at 2018-12-04 10:23
> fusk-en25さん
さいきん思い出して、二、三度作っています。
蒸すってすばらしいなあ、と。

コーヒーにはアイリッシュミストを合わせるのが好きです。
ブランデーもモルトも好きな組み合わせです。寒いときにはいいですね。
ということは、蒸留酒は合うのですよね。